笑いあり涙あり、の
私とアッシュの日常
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 飛行犬 | main | 退院★ >>
手術

今日はアッシュの手術日。

10時に病院に預けて、明日お迎え。

手術時間は1時間半ほどを予定。

 

また手術か?って感じだけど‥

去年の今頃、別の病院で耳掃除をしてもらった時に

ポチッと耳の中に出来物があると言われ。

その時はまだ小さく?様子見でいいと言われました。

ずーっとそこの病院で定期的に耳掃除をしてもらっていて

出来物は変わりないね〜くらいでそのまま。

IBDのため去年の9月から今の病院に通い始めて

耳掃除も月1でやってもらっていたけど

特に何も言われず。

月1でシャンプーしているサロンからも

特に何も言われず。

ところが1月に耳掃除をしてもらったら

出来物が大きくなってきたのか?

先生に指摘されました。

その場で私もスコープ?で確認。

こんなに大きかったんだーとビックリ。

2週間後に皮膚専門の先生が来院するから

診てもらったほうがいいとのこと。

そしてその日。

皮膚先生いはく、前から出来物に気付いてたの?

あー、あるねーという感じでした。

とても話しやすい雰囲気の先生。

選択肢としては3つ。

1つめは、この出来物が耳内で何か悪さしてる様子はなく

(例えばグジュグジュしてたりとか)

もっと大きくなるまで様子見する。

2つめは、ちょっと針を刺して細胞診。

ただし、意識のある状態で、嫌がるのを無理やり抑えて

プスッと採取することが可能かどうか。

もし採取できたとしても、今後耳を触らせることを

激しく拒否するだろうとのこと。

3つめは、全身麻酔するけど‥

年齢を考え早めに切除して生検に出す。

見た感じ悪性の腫瘍ではなさそうだけど断言はできない。

10歳を過ぎたら出来物に注意。腫瘍の可能性が高くなる。

 

大きくなるまで待って、いざ取らなきゃという時に

全身麻酔ができる状態か分からないしなぁ‥とか

ほんと色々考えて、切除してもらうことを決めました。

 

耳のことだけじゃなく、

1月はペットホテルに1泊預けた時に

ストレスからかケージを一晩中カミカミしていたようで

(夜間はスタッフさん不在)

小さな歯が1本欠けてしまい

このまま放置していると

菌が奥に入ってしまい、全身にまわったり

口が腫れたりする危険があるとのこと。

アッシュは頚椎ヘルニアもやっているので

歯はキレイにしていてくださいと言われていて。

汚いと菌が手術した部分にまわってしまうとか?

早々に抜歯するべきか迷っていたので

ちょうどいい機会か、と思って

耳と歯と両方やってもらうことにしました。

 

新年早々、アッシュは厄年なのか!?というくらい

ハプニング続きなのだけど

本犬は特に何も変わらず気にせず元気に過ごしています。

 

無事に終わりますように‥

抜歯するのが難易度高いと先生が言ってましたが。

スポンサーサイト
COMMENT